天然というだけで食いついてしまう自分がいる

美容 / 4月 3, 2018 /

化粧品というのは女性が使うものだけあっていい香りがするものが多いですよね。

その香りというのはどうやって作っているのか疑問なんですが、香料というものが使用されているみたいです。

香料の役割もいろいろあって、リラックス効果とかもともとの原料の匂いを隠すためとか抗菌効果とかあるみたいです。

あとは人工的に作られた化学成分と天然植物などから抽出した天然成分に大きく分けられます。

もちろん天然成分のほうが体への影響が少ないので好まれやすいですよね。

その分いい香りを作り出すのが難しそうです。

天然成分の香料にはさらに二つに分けられて動物性香料と植物性香料になります。

動物から香料を作るってなんか臭そうなイメージがありますが、いろんなものを混ぜるといい匂いになったりするのでしょうか。

その辺もきになりますが、植物性というのはお花とかフルーツとかもともと良い香りのものが多いので想像しやすいですね。

ちなみになんか不自然な香りがするというのはたいてい化学香料が使用されていると思っていいでしょう。

 シワ対策の美容液