リフォームに利用できるローンの種類と特徴について

その他 / 2月 5, 2019 /

リフォームローンには、担保タイプと無担保タイプとの種類があり、適した方法を選択することでよりお得にお金を借りることができます。リフォームをする際にローンを申し込む場合、担保タイプと無担保タイプのどちらかを選択することになります。リフォームの予算額が大きくなる場合は、家を担保にリフォームローンを組み、高額融資を受けられるようにします。月々の返済金額を安くしたいし、金利もできるだけ低く抑えたいという場合は、担保を用意してリフォームローンを利用しましょう。一方の無担保タイプは、担保は必要ありませんが、借入額が少なくて、金利も高く、返済期間も短くなってしまうという特徴があります。実際のリフォームローンの借入可能額については、担保タイプの方が無担保タイプに比べて10倍も違うケースもあります。金利にも差があるため、同じ金額をリフォームローンで借りた場合でも、担保タイプの方が毎月の支払い額を少なくすることができるでしょう。さらに、返済期間についても、担保タイプが30年以上でも可能ですが、無担保タイプは10年程度と大きな違いがあります。ローン会社がどちらを優遇しているかといえば、考えるまでもなく担保があるほうと言うことができます。審査がスピーディで、申し込みが手軽にできることが、担保の不要なリフォームローンの長所と言えます。そして無担保タイプの場合は、保証人も必要ない場合が多いため、手軽に利用できることが最大のメリットだと言えるでしょう。タイプの異なるリフォームローンの特徴をよく理解した上で適したものを選択することで、よりお得にお金を借りられるようになります。オールインワンゲル おすすめ